ねこよくばり庵。

のんびり、だらだら、それなりに。英語もできないのに外資系金融でいきてます。

ご飯炊きを、どんどんシンプルに。

炊飯というよりは、ごはんたき。

最近、お鍋でご飯を炊くことが日常になっています。

お鍋といっても土鍋とか、羽釜とか(そんなの持ってない!)ではなく

ふつうの厚底の片手鍋。

 

こんなのです。

Henckels HI Style Elite 片手鍋 16cm 40225-160

Henckels HI Style Elite 片手鍋 16cm 40225-160

 

 炊き方はほんとうに簡単。

お米1合あたり200ccのお水(1.5合なら300ccとかね)にお米をひたして、

あとは強火で沸騰させ、そのあと弱火で10分。

一瞬だけ強火にしたあと、10分蒸らして完成。

浸水は長い方がいいんだろうけど、私は横着したいときはお湯で15分くらいで。

それでもおいしいです。

 

炊飯器の早炊きだとどうもおいしくないんだけど、

お鍋だとこの時間しかかからないのにしっかり甘いしよい香り。

もちろんおこげもできます。

できすぎるときは、お湯にひたしておいて雑炊に!無問題!笑

 

そうなるとだんだん炊飯器いらないんじゃない?となる…。

保温用といえばそうなんだけど、「ご飯を保温する」という機能だけに

あのキッチンでの存在感も、どうなのかしらと思ったりする。

それより、おひつをかったりとか少し大きめのまげわっぱがあるので

おにぎりにしてそれに入れておけばいいのでは?と考えたりもする。

 

それにしても、鍋でご飯を炊くとこんなに楽でおいしいのに、

炊飯器に取って代わられちゃったのよねー。ふしぎだなあ。

ということで、大いにおすすめの鍋でのご飯炊きでした。