ねこよくばり庵。

のんびり、だらだら、それなりに。英語もできないのに外資系金融でいきてます。

悩まず、動く。待たずに、変える。

最近、大きな決断というか行動をしたことがあるのですが、
いろんな人にそのことを伝えると、すごーい!よく決断したね!と言われます。
ただ私にしてみれば、むしろなんでいままでやらなかったのかしら?と不思議なくらい。
何か外的環境に変化を求めるとき、けっきょく自分から何か行動するほうがいい。
だって、他人はそうそう変わらないし、自分とテンポが同じとも限らないから。

人を待たない。変えたいなら、変えること、変わること。
そこには小さな決断が必要なのだけれど、もやもやし続けることと、その小さな決断を下すための勇気なら断然後者のほうが良い。
決断して動く、ということも決断だけど、けっきょく何もしない、というのも決断の結果であり、いずれの行動にも何かしらの帰結というか結果がついてくる。
なにもしない、ということにも、未来はあるし結果があるということを忘れないようにしたい。

悩んでいるのも同じこと。
悩みにはたいてい原因がある。
太ってるのが嫌とか、職場に嫌なやつがいるとか、勉強ができないとか…。

悩みを解決するにはふた通りの方法があると思う。
ひとつは、悩んでいることの価値観そのものを変えること。
勉強ができない、ということに悩んでいるとして、そういう人は、勉強を最優先の価値測定手段にすると、しんどくなる。(たぶんしているのだろうと思う)
勉強に価値を見出すのをやめ、スポーツでも料理でも、自分が好きで得意なことを第一順位に考えれば良いのではないかしら。
勉強はできなくても、ほかの世界で成功したり幸せを感じられる人はたくさんいる。
価値をどこに置くかを変えることで、悩む必要がなくなる。これ簡単。

もうひとつは、すぐに解決したり現状が変わったりすることはないかもしれないけど、とりあえず昨日と何かを変える。
行動とか、ものの配置とか、何かを買うとか、捨てるとか。ちょっとした言葉のクセを変えるだけでもいいかも。とにかくちょっとしたことでも自分で決め、何かを変える。
そこで得られた変化や気づきを大事にして、毎日少しずつでもチューニングしていけば、悩みじたいは変わらなくても、自分自身の感じ方が変わるのではないかしら。

けっきょく多くの悩みは、perception なのではないかな。
まず、動く。まわりや人が動くのを待たない。
自分の行動や意識は、すぐに変えられるものだから。
なんて簡単なんだ!

ただし、わたしは仕事の時はこれを慎重にやります。
同僚やお客さんにもインパクトのあることなので。
自分の生活、自分の意識に関してはすごく早いけど。
ちょっとは大人なわけです。急がば回れも、また真実。仕事ですから。

ねこはいいなあ。

f:id:nekonekorun:20150526183920j:image

広告を非表示にする