ねこよくばり庵。

のんびり、だらだら、それなりに。英語もできないのに外資系金融でいきてます。

Kindle再購入レポート。

2年ぶり?くらいにKindleを買いました。
どうも、ねこです。

どのKindleにする?種類いろいろ

Kindleっていろんな種類があるのね。
大きく分けると、白黒画面でほぼ読者に特化しているのがKindle、カラー画面でタブレット的に使うことも視野に入れているのがKindleFire。
iPadはあるので、今回は純粋な?Kindleで検討。Kindle voyage は圧力センサー?でページめくりできる、とかいうのだけどなんかそれもオーバースペックのような気がして、ピュアなKindleと、Kindle paperwhiteが選択肢になりました。
この2つの決定的な違いは、暗いところで読めるのか?ということ。paperwhiteはバックライト的なものがついているので、暗いところでもOK。なのに、ブルーライトではないので目にはやさしい、というのがウリ。
ちなみに以前持っていたKindleはこのpaperwhiteで、さらに無料3Gがついている、というシロモノだったのですね。

結論、いちばんプレーンなKindleにした

今回買ったのは、いちばんプレーンなKindleで色は白。満足してます。
なぜ、これにしたのか?

  1. オーバースペックで重くなるなら本末顛倒。Wi-Fiのみ、バックライトなしなら、その分軽くなる。そして本当に軽い。
  2. プレーンなKindleにしか、白がなかった。黒だとどうしても重たいイメージに。
  3. バックライトありだと、暗いところでも読めてしまう。目が疲れるから、iPadKindleアプリではなくKindleそのものを買おうとしているのに、暗いところで読もうとするのはなんだか違う気がして。本は、灯りがあるところで読むものでしょ、と。

白黒なので雑誌には不向き

ただし、あたりまえですが白黒なので、単純な活字を読むのには向いてますが雑誌とか写真の多いものなんかには不向き。
まあそういうのを読みたいなら、iPadMac
Kindleアプリで見たらよろしい。
活字をたくさん読みたいなら、目も疲れないし、昔にくらべたらKindle自体の反応も良くなったし、ほんとにオススメです。