ねこよくばり庵。

のんびり、だらだら、それなりに。英語もできないのに外資系金融でいきてます。

東京しか選択肢がないって、どうなの?

遠くに行きたいわねー。天気もいいし。
どうも、ねこです。

年収は住むところで決まる、を読んだ。

なんかタイトルはセンセーショナルだけど、産業と都市、そこで働く人のデモグラフィックな特性などを静的、動的に分析した1冊。
そして都市も産業の栄枯盛衰とともに移り変わっていて、それにきちんと対応できるかが重要という話。

いくらでもリモートで仕事ができる、と思えば済む都市は関係ないようにも見えるけれど、やはりいい人材といい雇用先を求めて、特定の都市に企業や人材は集まり、その街の水準自体が上がっていくという話。

一方、低学歴低賃金の人は移住、というか引っ越しが少ないそう。確かに、地元にずーっといる人って大都会なら別だけど、なんか近所の高校を出て、近所の会社に勤めて、近所の人と結婚して、なんか軽自動車かファミリーカー乗ってる気がする。それが悪いという話ではない、わかっていて選択しているなら、と本にも書かれていたけど。


移動の自由をもっと考えても良いかも?

本の内容はkindleで買えるのでまあこんなものにして、なんだか移住についてふと考えてみた。私は神奈川生まれの東京住まいなので、ほぼ関東圏で過ごしてきたわけですけど、ちょっと思った。
だいたい関東圏しか知らないってどうなの
そうよねえー。べつに東京とか神奈川以外でも働けて、やりたいことができる都市はあるでしょー。べつに海外でもいいんだけど。

東京じゃなきゃ暮らせない!とかいう体でもないし、なにしろ東京は家賃が高いわ(笑)。
女ひとり、東京の寒空の下で生きていくってのもねー、ってそんなキャラではないけど。

今すぐどうしたいというプランはないけど、(ありがたいことに仕事も借りられる家もあるし)ただ漫然とこれからも東京〜〜、次はどこに住もうかなー、とか考えるのもちょっと違う気がして。思考のフレキシビリティを残しておきたいなと。


次の転職はチャンスかも!なので研究をがんばる…

ということで、やはり仕事あっての移住ということもあり、次のお仕事探しは契機になりそうですよと。だって、大学っていろんなところにあるもんね!
でもまずは研究して、学位を取って、そこからですからね…。引き続き頑張りましょ。

本はこちら。本屋さんとかでも見かけますよねぇ。アレです。kindleのセールで買ったから、安かった記憶あり。しかし、kindle素晴らしい。

年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学