ねこよくばり庵。

のんびり、だらだら、それなりに。英語もできないのに外資系金融でいきてます。

愛読書、クウネルがリニューアルだとか。

ひさしぶりに必要にせまられて、てか接待でゴルフしたのでバリバリ筋肉痛。

4足歩行したい、ねこです。
 
噛めば噛むほど味がでる雑誌なの。
 
すっきりした暮らし、つまみ中心の(笑)お料理、きやすそうな洋服や、丁寧につくられた道具など、最近こんな感じの雑誌がお気に入りですが、クウネルはたぶんいちばんスルメ系というかw、隔月なのだけれど噛めば噛むほど味のでる雑誌だと思います。
今日もふと読み返してみたら、川上弘美さんの小説がなんとも味があって良い!
かの?「猫村さん」を知ったのも、そういえばクウネルからだったな。
 
ようこそ、夏の家へ。
いかにもさわやかな表紙で、いろんなお家のようすが見られた号。
お家だけではなくて、近所のお散歩コースとか、お仕事のようすなんかもわかったりして「ああ、こんなふうに暮らしたいわねえ」としみじみ思える…。
夫婦で全然趣味がちがう、というお宅が出てきて、それはそれで微笑ましく思ったり。
南伸坊さんの本紹介のページでは、奥さまお手製のおにぎり弁当がそれはそれはおいしそう。ああ、こんなおとなになりたい。

ku:nel (クウネル) 2015年 09月号 [雑誌]

 
装いの花束。については、そんなにマジマジとまだ読んでいないのですが…。
京都の洋食屋さんのパン粉づくりの様子、こんなにもていねいにやってるのか!と感心したり、すっきりモノのない綺麗なお部屋で暮らす女性、グランママドーターの洋服紹介(コートとか、あまり高くないのね)、川上弘美さんのほんわか小説、伝言レシピに出てきたキャベツのサラダ、毎日の食事のようすを紹介してくれるページ(なんでも美味しそうに見える…)、こちらも、見れば見るほど。

ku:nel(クウネル) 2015年 11 月号 [雑誌]

 

隔月発行なのですが、隔月なら隔月なりに、ゆっくり読めるような誌面構成に(結果的に?)なっていてそれはそれはよい感じ。
でも次号は1回お休みで、2016年1月発行なんですって…。うう、随分先ね。

 

まあ、これからもゆるゆる楽しみにすることにしましょう。

 

広告を非表示にする