ねこよくばり庵。

のんびり、だらだら、それなりに。英語もできないのに外資系金融でいきてます。

あらたな平日のランチ計画。

お休みの日に何を食べるか考えるのはたのしいのにねえ…。
どうも、ねこです。

 

仕事の日におけるランチを考えるのが面倒になってきた

もちろん楽しいランチもたくさんあるんだけどね!惰性は嫌だわ。

「いく〜?」
「あ、いくいく」
「何食べる〜?」
「えー、中華以外」
「この時間だとまだ行けるよねえー」

みたいな、漫然としたエレベーター内のランチトークに耐えられないぞ!
私って社会不適合なのかしら…
と思いつつ、まあ、一応ちゃんと仕事してるしそれは大丈夫だろうと。
仲の良い社外の人とか、他部署の人とのランチは情報交換とか気分転換になってそれはそれは大好きなのだけど、とにかく「近くの席の人と適当にランチに行く」っていう行為に対して、あー、もうだめ、と思い始めた36歳。
なんかどうでもいいことはルーティン化しておきたいので、あらかじめ決まっていたり自分の意志の働くランチ以外はどうにか快適に過ごしたいなと思うわけです。

つねによぎるお弁当計画

やっぱりやりたいよね、お弁当。
なんだけど、仕事柄外出が多かったりするので空のお弁当箱を持ち歩いて夕方お客さんのところに行ってから直帰、っていうのがどうしてもやりにくい…
ただ、この間カフェテリアで保存容器いっぱいのサラダを持ってきている人がいて、あー、こりゃ羨ましいなと思ったりした次第。
なので、できるときはサラダ持参、あとは適当に買って食べるっていうのはなかなか良いんじゃないかしらねと。
スープジャーもトライしたことはあったけど、なんか衛生的にちょっと心配になったりして。いろいろ工夫はするけど、やっぱりアツアツって訳にはいかないしね。

昼に昼ごはんを食べなきゃいけないのかしら?

もう一つ再考したいのが、ランチの時間。
なんだか最近食べ過ぎている(のにあんまり走ってない)気がするので、朝ごはんと昼ごはんを兼用にしたらどうかしらねと。

こちらの本をちょっと読み返してみたんですけどね。 

知的生活習慣 (ちくま新書)

知的生活習慣 (ちくま新書)

 

朝は考え、昼は働き、夜は休む。といったようなことが書いてあるわけです。
考え事をするときに満腹でどうすると。
外山さんは、朝皇居を散歩したりラジオ体操に参加したりして、その後考えるような仕事をし、朝昼兼用を食べて働き、夜はきちんと早めに横になっているそうです。
これはなかなか良いぞと。
もともと私は朝型だし、朝に軽い運動や職場では考えなければならないような仕事をし(まあたいしてないけどw)、その後にご飯を食べて、体を動かしたり元気を出すような仕事をし、夜ご飯を食べて休む。いい感じ。

ということは、お昼を10時半とか11時位に食べないといけないわけですね…。
いちおう会社のランチ時間は11時半からということになっているのだけれど(さすが金融は早いんです)、ちょっと早めに11時からとか食べちゃったらいいんじゃないかしらねえー。外で食べるにしても店も空いているし、待たされることもないでしょう。
その代わり、皆がランチで離席している間はまた静かに働けるという算段(そんなに働くのか?w)。

 

まずは実験、実験。
知的生活習慣ですよ!ほほほ。今週やってみます。