ねこよくばり庵。

のんびり、だらだら、それなりに。英語もできないのに外資系金融でいきてます。

なぜ攻撃的な上司が生まれるの?

全くもってアホらしいことだけれど、やたらと自分自慢をしたり、部下=弱い立場の人間に攻撃的になる上司がたまにいますね。
こういうのって、部下に無関心よりよっぽどめんどいし悪質だけど、なんでこうなるのかしらね?

こたえ: 自分に自信がないから。

なんて悲しいことなんだ〜〜!
自分の生きてきた軌跡や、仕事の経験や、現時点における自己効力感にそれなりの満足や充足感があったら、こんなことしないでしょ。

部下をつかまえて自慢話をしたり、ネチネチ嫌味を外からは見えにくいように言ったり、まともな人なら普通やらないよね。

たいていのいじわる上司っていうのは、自覚の有無にかかわらずコンプレックス、しかもドロドロしたやつ、にさいなまれてるパターンが多い気がする。

  1. 大学受験に失敗した
  2. 兄弟が超優秀で、親から認められていない気がしている
  3. 家庭に問題あり
  4. 最初の就職に失敗した
  5. 下からの突き上げにあっている
  6. あるいは、真逆で自分以外はアホだと本気の本気で思っている

こーいう人に当たっちゃうと面倒ですねー。
わたしは幸いにして今そういう環境ではないけど、当たっちゃったときにどうするかを考えてみよう。

  1. そいつを追い落とすため権謀術数をめぐらせる。
  2. 自分のスキルやプレゼンスを上げるべくとにかくインプルーブする。
  3. さっさと転職活動。
  4. もしくは独立して、フリーランスに。
  5. 研究対象だと思って、ニヤニヤ観察する(笑)。

どれでも良いのだけど、一番ダメなのは思い悩むってこと。
だってイケテナイ上司のイケテナイコンプレックス解消に、なんでこっちが付き合わなきゃいけないのかしら?

ほんと、こんな目にもし会っていたら、すかさず何か手を打つべき。
人生はそんなに長くないのでね。

どうも、ねこでしたよ。

カレンダー予約しちゃった♪

きょうの猫村さん 8