ねこよくばり庵。

のんびり、だらだら、それなりに。英語もできないのに外資系金融でいきてます。

テレビは、目にもうるさい。

見なくっても生きていける。あたりまえのことだけどー。

ほんとテレビはうるさい…

おそろしく時間と意識を奪っていく箱、それはテレビ!
そうはいっても、スポーツや緊急ニュース、ドラマなんかを見たいので、やっぱり置いちゃってます。ああ。

しかし、不思議なのはテレビは耳だけではなく、目にもうるさいこと。
ラジオをつけて、テレビを消すと音声的には何かが聞こえている状態は変わらないのに、すごく静かになったように感じる。

なぜか?

  • 光が目に入ってくることも、刺激としてうるさく感じる
  • ラジオに比べ、テレビ、とくにバラエティやニュースなどは不必要に感じる歓声や音楽が多い
五感のうち、2つを食うテレビはうるさく感じるのかな。
そういえば、コミュニケーションをするときに、音声よりも視覚から入ってくる情報の方が多い、というのを聞いたことがあります。
だから、セールスなど何か人に伝えたいときは視覚に訴えなさいと。
それだけ、目に見えることというのは情報量が多くて、不必要なときには、うるさい、と感じるのだろうな。と、思ってきた。

と、いうことで、決めた分しかテレビは見ない。

1日1時間。
ただしスポーツ除く。

ということにしよう。

そのぶん、ラジコとBOSEのスピーカーで、ラジオを聞くのです。

ほんと、テレビはうるさい。目にも。
たぶん神経にも?
でも、素敵な番組は、見ます!