ねこよくばり庵。

のんびり、だらだら、それなりに。英語もできないのに外資系金融でいきてます。

投資信託の選びかた。

昨今はいろんな投資セミナーがあるようですね。
私自身ばぜんぜん!興味ないんだけど、ああいうところの話はたいてい話半分に聞くのが良さそう。

でも、資産運用は考えたい…
何かいいものがあれば知りたい…
そんなニーズがあるかもしれないので、メモ程度に。まずは、ありがちだけどオススメしない、という話から。

こういうのは私好みじゃない、けどみんながはまりやすいパターン

  1. やたらと狭い、細かいテーマ設定をした株や債券のファンド投資信託ってのは不特定多数のひとからお金を集めるので、その時に、こんな感じで運用しときますね、という意思表示とか約束事があります。で、その範囲とかテーマが狭ければ狭いほど、やばくなった時の逃げ道がなくなると言えます。わかりやすいんだけどね。永遠に続くテーマなんかないからね。脱デフレファンド、とか東京オリンピック関連ファンド、とか。そのテーマが終わったことがみんな分かるのかしら?売り抜けられるのかしら?
  2. とにかく分配金とかがザクザク出るファンド …これもいまだ根強い人気! ザクザク出てるのは、本当に運用益なのかい?手数料払って運用してもらって、払い戻し受けてて、ありがたいわって、どんだけ業界にぼったくられてるのか…。さらにヘタすると分配金は税金まで取られてるかもですよ。わかってるならいいんだけど。
  3. 売れ筋商品や、ランキングにでてる商品を買いたくなるひと … みんなが買ってる、ということと、あなたの資産が増える、ということはなんの関係もないからね。
  4. とりあえずは、日経平均パターン  …日経平均って、日経新聞が勝手に?選んでる225銘柄のことですからね。日本の株は3500〜4000くらい種類があるのに、本当にその225銘柄でOK?いろんな業種や銘柄がごちゃごちゃ入ってるよ。優等生も、劣等生もいるかもよ。クラスの平均点でいいのかしら?

まあ、ありがちなツッコミポイントはこれくらいかな。
じゃあ一体何を買ったらいいの?
ということで、それはまた改めて。

しかしまあ、Amazon投資信託と検索したら、まあ出るわ、出るわ。
貼り付けるのが面倒になりました(笑)。