ねこよくばり庵。

のんびり、だらだら、それなりに。英語もできないのに外資系金融でいきてます。

ブックスキャン体験記と注意点まとめ。


さて、物をなるべく減らしたいワタクシ、やっぱり多いのは本なんですよー。
サボりさぼりだけど、いちおう研究者の端くれでして、いやほんとかなり端っこの方にちんまりなんだけど、文献も多い。
やっぱり古典と呼ばれるものは中古で買わなきゃいけなかったりね。Kindleにしてくれよう…

ということで、使ってみたよ、ブックスキャン。


プレミアム会員にもなっちゃったので、毎月50冊まではスキャンしてもらいホーダイです。

とても便利!何より家から大量の本がなくなるのに、読みたい時にはちゃんと読める!
なんか色々言う人いるけど、まあ電子化はこれからどんどん進んでいくだろうなあ。

しかし!スキャンされたデータはびっくりするくらい大きなサイズになります…。
80メガとかをいくつもDropboxにいれてたら、プレミアム会員にならないとあなたこれ以上ムリよ、と言われる…。

Dropboxに上げてはダメなのね!!
※教訓。

どうやら専用のアプリを使えばよかったのね。
このアプリ使うと、ダウンロードや閲覧が簡単にできるのです。

あとは、そのまんまのネーミングなのだけど、こちらのサービスも。

small PDF

これでファイルを小さくすると3分の1位になります。こちらで小さくしたファイルをKindleの専用メールアドレス(Kindleか、Kindleアプリを使ったことがあれば、アカウントサービスから確認できますよ)に送れば、Kindleでの閲覧もOK。

まーとにかく、やってよかったですね!
この調子で、学術ジャーナルとか、雑誌とかもバンバンやってこーと思ってます。
なんか紙で購読しないと読めない、っていうレトロなジャーナルもまだあるので。とほほ。

しかしまだまだ棚が混み合っている…。
f:id:nekonekorun:20151212105632j:image




広告を非表示にする