ねこよくばり庵。

のんびり、だらだら、それなりに。英語もできないのに外資系金融でいきてます。

バイオリズムが仕事モードじゃないときの過ごし方。

どーーーにも、やる気が出ない…。
なんで頑張らなきゃいけないんだっけ?
そんなときに、むやみに頑張ってもロクなことないです。
ヘタしたら体調を崩しちゃうことも〜〜、と自分にいい感じに言い訳をして、体良くサボりましょ。

ただあまりにダラダラしているとクビになっちゃうから、それなりにやらないといけません。
てことで、どーにもやる気にならないときのやり過ごし方を考えてみた。

  1. お客さんに電話する。社内の人とgdgdしてるよりはずっといい。もちろん手ぶらは良くないので、まあなにか適当にネタをでっち上げることは忘れずに。
  2. 経費精算やトレーニング系、さらには何かのログを残すなど、やらなきゃいけないけど忙しいときにはやる気が出ないものを片付ける。
  3. 上司と話す。しかも話題は相談系。手詰まってる気がするんですけど、どうしたらいいですかね的な。そんなに相談したくもないんだけど、そっちの方が何か出てくるかもだし、上司のお手並み拝見できる←なんてやつ!w
  4. とにかく早く帰る。もしくは直帰の予定をたくさん入れる。これは王道ですな。
  5. 頑張ってる周りのことを観察する。決してマネしてはいけない。だってこっちはテンション上がってないんだから。ただ見るだけ。心の中でツッコミも入れない。ああ、やってるなあ。それだけ。
  6. ぜんぜん違う内容の資料とか文献をやたらに読む。その間にメールチェックとかしてはいけない。内職に集中すべし。それはそれで充実感が得られるぞ!
  7. この仕事じゃなかったら何するかなあー、と妄想する。これは楽しいぞ。住むところ、仕事内容などなるべく微細に考えよう。起業のイメトレするもよし。
  8. ふらふらとえらい人のところに行って話す。暇なだけなんだけど、意識高い感じになる(笑)。ただしやる気のなさを悟られない自信のあるつわもののみにオススメ。

ほんと、やる気にならないときってあるのだけど、やる気にならない時期がないと、やる気のある時期も来ないから、やる気のない時期にも意味と市民権をあたえよう!と、このgdgdモードを正当化(笑)。

さて今日も適当に。